ポチットブログ

2013年02月21日

タオル購入について

カテゴリ : お知らせ, ブログ

タオルと言っても

沢山の種類があります。

 

一説によると

日本のタオルのメーカーは

500社以上あると言われています。

 

今治タオルの様な高級なものから、

価格のこなれた中国製の業務用まで

様々です。

 

当社は、リネン工場さんとも

お付き合いがあり、

工場長さんとも良く話す機会があります。

 

タオルの品質は、

メーカー毎にばらつきがあります。

 

以前、工場長のところで、

スーパー銭湯さん向けのタオルを

用意して、クリーニング受託を始めたところ、

 

思ったより早くタオルがボロボロになります。

よく見てみると、パイルが凄く痩せてきています。

 

結論から言うと、

品質の悪い糸を使われた為に

どんどん糸が抜けて行ってしまっていたのです。

 

この時は、300万円ほどタオルを購入していましたから、

メーカーに交渉して、

新しいものと入れ替えてもらったそうです。

 

見た目では、なかなか判らないのが

困ったところです。。。

 

当社も、こういうサイトを運営していると、

タオルのメーカーさんからダイレクトメールが来たりします。

 

価格を見ると、確かに安いものもありますが、

おいそれと手は出せません。。

 

やはり、信用出来るところからの入手が無難だと思います。

 

2013年02月19日

タオルの黒いシミ

カテゴリ : お知らせ, ブログ

先日、知人の経営しているサロンにお邪魔して

お茶を頂いている時に、

相談されました。

 

タオルに黒い斑点のようなシミが付くと。

 

このサロンさんは、

洗濯機を置いて、ご自分で洗っています。

 

タオルを見たところ、

確かに。

あちこちに、黒い点々があります。

 

当社では、タオル洗濯は

オイルと、カビとの戦いです(^_^;)

 

この黒い点々はカビですね(^_^;)

 

家庭と違って、お店の場合は

ハードに洗濯機を使います。

見落としがちですが、洗濯槽の清掃が

大切です(^_^;)

 

また、水回りはカビの温床ですので、

洗濯機周りの整理整頓も行いましょう(^O^)

 

 

 

2013年02月14日

タオルのパイルについて

カテゴリ : お知らせ, ブログ

今日は、もの凄く風がキツかったですね(>_<)

 

タオルのトラブルで、

結構多いのが、パイルの伸び、抜けです。(>_<)

 

パイルは、タオルの長さの6~7倍の糸を

ループ状にしたものです。

 

成り立ちから言って、抜けてしまう事は

しかたありません・・・

 

抜けるのを極力防ぐ方法は、

摩擦をなるべく与えないことです。

洗濯機で洗う時も、水を少なくし過ぎないこと。

そして、洗濯槽に詰め込みすぎないことです。

 

洗濯槽への詰め込みすぎは、

洗浄能力も落ちてしまいます。。。

 

本当は、ネットに入れて洗うのが良いです。

タオルはお店に取っては、大切なアイテム。

愛情を注いで洗ってあげるのがベストです。

 

パイルの抜けの他に、

伸びてしまう事も多いかと思います。

 

原因は、引っ掛けですので、

洗濯時は、タオルのみで洗うこと。

そして、詰め込み過ぎないこと。

多めの水で洗うこと。

 

また、伸びたままのパイルは、

更なる伸びを誘発します。(>_<)

コマメにカットしてあげることを

オススメします。(^O^)

 

ショートパイルのタオルをお使いになることも

良いかと思います。(^O^)

 

 

2013年02月12日

オイルタオルのクリーニング 2

カテゴリ : お知らせ, ブログ

オイルタオルのご相談は、

お客様から良く頂きます。

 

オイルは水で洗ってもなかなか落ちません・・・

オイルタオルはお湯で洗うのが基本です。

しかし、お店の洗濯機はお湯が使えないことが多いのも

事実です。

 

施術の工夫で改善することも可能です。

 

オイル拭き用タオル。と施術用タオルを分ける方法も

採用されているお客様が多いです。

 

分厚いタオルでは、

芯までオイルが染みてしまうと

洗い取るのは容易ではありません。

 

そこで、薄めのタオルをオイル拭き用に

用意します。

生地が薄いので、比較的簡単にオイルを

洗い流せます。

お勧めです(^O^)

2013年02月11日

オイルタオルのクリーニング

カテゴリ : お知らせ, ブログ

当社のお客様には、

オイルマッサージをされるお店が多いのですが、

店長さんから、よく相談されます。

 

クリーニング工場さんには、

オイルタオルを嫌うところも多いので

どうしたら良いかと言うものです。

 

一般的には、

オイルタオルは乾燥過程で火災の原因になります

オイルの種類にもよりますが、

洗濯後、乾燥機にかける際、煙が出てくるケースがあります。

 

実際のところ、先週もお客様のサロンで小火がありました。

幸い、乾燥機の中で火が出たろころを店員さんが発見。

すぐに消し止めたので、大事にはなりませんでした。(^_^;)

 

乾燥機に掛けるとタオルが高温になり、

タオルのパイルに含まれた油分から

火が出てしまうのです。(>_<)

 

クリーニング工場でも、オイルタオルを断る所は多いのですが、

本当は、工夫すればオイルタオルは安全に洗うことが出来るのです。

ただ、多少手間がかかるので敬遠する工場が多いのでしょう。

 

お店で自洗場合は、天日干しが一番ですが、

それが出来ない場合は、温度が上がり過ぎないよう

短い時間に区切って乾燥する方法がお勧めです。

 

クリーニング工場では、乾燥機の扉を開けながら

回したりしています。

 

他には、オイル自体を水溶性の物に

変えてみるのも良いでしょう。