ポチットブログ

2013年02月05日

美容院のタオル

カテゴリ : お知らせ, ブログ

今日も良い陽気ですね~(^O^)

今週から、ある美容室チェーンさんの

レンタルタオルの契約を頂きました。(^O^)

 

このチェーンさんは、東京、神奈川、静岡に

20店舗ほど支店がありまして、

金額も然ることながら、広域に渡る店舗さんを

一括しての請負が可能なことをメリットとしてご採用いただきました。

 

美容院さんのタオルは大量です(*゚▽゚*)

1人のお客様あたり、3~5枚のタオルをお使いになります。

 

本来当社は、タオルをご自分で洗濯なさることをお勧めしていますが、

さすがに、大量のタオルとなると、ご自分での洗濯は業務上非効率になります。(^_^;)

 

この美容室チェーンさんは、僕のとっても大好きな会社さんです。

創業社長さんが、苦労の上築き上げた会社であることも起因しているのか、

スタッフさんのチームワークが素晴らしい!

これじゃあ、お客さんも付いてくるでしょうね(*゚▽゚*)

 

お客様の来店法則というのがあります。

初めてのお客様、3回目のお客様、5回目のお客様。

順を追ってお客様が成長していくというものです。

 

来店が、

初めてのお客様はお店を疑っている。

3回目のお客様は安心している。

5回目はお客様のお店に成っている。

 

5回目を数えると、もはや共同経営者です。(^O^)

 

5回、来店いただく仕組みを考えましょう(*゚▽゚*)

ただ、、仕組みを考えるというと、テクニックに走りがちです。

一番大切なもの、それは、真の心です(^O^)(^O^)(^O^)

2013年02月01日

タオルに付いた嫌な臭い

カテゴリ : お知らせ, ブログ

当社は、

クリーニングを預かっているお客様だけでなく、

タオルやリネン材の販売。または、店舗の補修でよく、お店に伺う機会があり、

相談を頂きます。

 

相談の一番は、タオルの臭い!

 

これ~

良くわかるんです。(>_<)

クリーニングを行っていても、一番のクレームはこれ!

臭い!

 

僕も、この業界に入った当初は、何も知らず、

工場に飛んで行って

臭があるんで、もっと良く洗ってよっっっ!!!

と工場長に喰ってかかっていました(^_^;)

 

臭があるのには、理由があります。

まずは、そのオイル自体がどんなものか?

 

一般的に安価なオイルは始末が悪いです(๑≧౪≦)

ある程度の品質の物を選んだ方が良いでしょう。(^O^)

 

また、最近では、水溶性のマッサージオイルも販売されています。

油性に比べて洗い落ちが容易です。

 

いっその事、クリーニング会社に依頼してしまおう(´∀`)

それも良いですが、僕的には自洗派です。クリーニング屋が言うのも変ですが・・・

 

タオルはお店の必須アイテム。

お客様の肌に直接触れるものだけに、お店の「愛」を注いで頂きたい。

 

お客様を癒した後のオイルタオルは、そのお店の方に癒して頂きたい。

そんな気持ちです。

 

ビジネスは単なるお金儲けでなく、愛の実践であると考えているからです。

もちろんクリーニングを依頼されれば大歓迎ですが・・・

 

話は逸れましたが、

いっぱいオイルが付いたタオルは、油落業務用洗剤に

漬け置き洗いするのがよいでしょう。

最近では、どこでも用意に入手出来ます。

 

また、油は水では落とせません。

クリーニング工場では、60°から70°のお湯で洗っています。

ただ、家庭用洗濯機では無理です。

 

そこで、アメリカ製洗濯機に買い換えると言うのも一案です。

友達のアメリカ人のホームパーティーに行ったときに

見せてもらいましたが、

 

なんと給水口が、お湯の蛇口に直結しているんです。

凄いけど、考えてみれば当たり前ですね~(´∀`)

なんで、日本のメーカーでは無いんでしょう??

 

そんな訳で、試してみてください。

追伸・・・それでも臭が落ちないのは、タオル鍋作戦!!

ぐつぐつ煮ちゃうと一発です。(๑≧౪≦)

臭の現況は雑菌だったりしますからね~vvv

 

2013年01月08日

明けましておめでとうございます。

カテゴリ : お知らせ, ブログ

新年明けましておめでとうございます。

1年の計は元旦にあり。

と言いますが、今年の目標を決めました。

 

日本で一番、お客様の身になって仕事をするクリーニングの会社になる。

です。

 

お客様の身になる。と言うのは、お客様になってと言うことです。

 

お客様になってと言うのは、

自分自身が、お客様の会社のクリーニング担当だったらどう感じるか。

それを、第一に考えて仕事をします。

 

がんばります(・∀・)(・∀・)(・∀・)

 

2012年12月26日

クリーニング工場の匠達

カテゴリ : お知らせ, ブログ

そんな訳で、

全国のクリーニング工場を歩いてきました。

 

クリーニング工場も、本当に様々。

そこに働く、職人さんも実に様々です(*^。^*)

たかだかタオルの洗濯ですが、

そこには、プロならではのノウハウ、経験値があります

 

静岡で会った匠は極みでした。

エステティックさんなどでは、アロマオイルを使用します。

この、オイルがなかなか取れない。

洗濯してもなかなか取れません(*^。^;)

また、難儀な事に火災の原因にもなるのです。

 

お店で自洗される場合でも、

お気を付けいただきたいのですが、乾燥後に積んでおくと

自然発火します。

クリーニング工場で起きる火災の殆どは、これです。

 

静岡の匠は、特殊な洗剤を使ってオイルを落とします。

その名も、特洗

特殊な洗剤は、神戸の洗剤ベンチャーの作品です。

オイル付きタオル、通常洗いのものと、特洗とを

持ち比べてみると

その差歴然です。

 

その作業工程は、

企業秘密との事ですので、ここでは詳しくお話しできませんが、

まるで一流シェフの調理の様です(@_@;)

一流のレストランの厨房には、

腕の良いシェフもさることながら、最新のオーブンや調理道具が

そろっています。

 

この工場もまさにそれ。

最新式の洗濯機、乾燥機、たたみ機が揃っています。

もはや道楽のレベルです。

 

このような工場は、他ではなかなかお目にかかれません。

もっとも、こんな細かい作業を

他の工場が行うとも思えません。

当社のエステティックサロンさんで、タオルに拘っている

サロンさんには、こちらをご紹介しています。

そのサロンさんは、今治タオルの高級なタイプをお使いで、

それに対応できる工場は、ここくらいでしょうね(*^。^*)

 

次回は、当社の技術顧問にもなってもらっている

しみ抜きの匠についてお話ししてみたいと思います。

 

2012年12月26日

クリーニング工場について

カテゴリ : お知らせ, ブログ

そのような経緯で、

全国のクリーニング工場さんと交流が生まれました。

 

ところで、一口にクリーニング工場と言っても

その内容は様々です。

良く聞かれるのが、ワイシャツいくらでやってくれますか?

 

・・・・・ワイシャツはやってません・・・・・

 

クリーニング工場は大きく2つに分かれます。

ホームとリネン。

 

ホームとは、町によくあるクリーニング屋さんです。

もっとも町にあるのは、取次店さんが多く、

そこでは洗っていません。

 

町から少し離れたところに、(場合によっては大分ですが)

工場があって、取次店を回って

荷物の集配を行います。

 

基本的に消費者を対象としていて

仕事が細かい分単価は、高いです。

 

もう一つがリネンです。

基本的に事業者さん相手です。

ホームのように細かいことは不得意です。

機械も違います。

リネンの工場の洗濯機は、50キロから100キロ洗い。

乾燥機も見上げるほど大きなものです。

単価は安いです。

 

例えば、フェイスタオル1枚洗うのに、

リネン工場では10円台

ホーム工場では100円台と、10倍も違います。

 

給食会社で最初にこの事を覚えました。

へぇー違うんだね~

 

それで、お付き合いしているクリーニング工場を1軒1軒訪ねてみると、

地域によって、値段がバラバラでした。

2倍、3倍 当たり前みたいな(*_*;

 

もっとも、リネン工場に頼まずに、ホーム工場にお願いしているなんてのも

ありましたが・・・この場合は、そりゃ価格差激しかったです・・・

もっとも、仕事はホーム工場の方が丁寧ですから、

折り目はバッチリ、アイロンがキレイにかけられてはいましたが・・・

 

ただ、オペレーション側としては、

ユニフォームは、普通に綺麗なら問題ないわけで、

工場さんの采配を変えてコストダウンを図りました。

 

その中では、色々なドラマもあったわけで・・・・

 

つづきは、次回に記します(*^。^*)